スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
VBAC体験記 その6
2008 / 06 / 17 ( Tue )
19時半過ぎ、夫が来てくれました。

「なんかフライングしちゃって」って笑っていると

夜勤の助産師さんが様子を見に来てくれました。


「少し痛くなってきたかも」と伝えると、モニターをつけてみることに。



私は経産婦だけど、経膣分娩は初めてなので、お産の進行は初産婦さんと同じということで

これから子宮口全開まであと6,7時間はかかるだろうということでした。

よーし、頑張るぞ
そうこうしているうちにあっという間に陣痛がどんどん強くなり、

痛い時間もどんどん長くなり・・・


内診をしてもらうと、もう8cmまで開いているので、

LDRへ移ることになりました。

いよいよだ



LDRについて、剃毛をし、血管確保の点滴をしました。

ふうーっと長く息を吐くソフロロジーの呼吸で陣痛に耐えている間、

いろいろなことがめまぐるしく進んでいきます。


「子宮の傷に負担をかけたくないので、吸引で手伝いますね」とのこと。

吸引分娩・・・

予想外のことだったのですが、VBACのときには、よく行われるようです。


吸引、痛かったです、とても

なのに、なのに・・・

ぱかっという音で外れてしまいました。

2回目も、そして3回目までも。。。

けんちゃんも痛いだろうな、頭。

ごめんね、もう少しで会えるよ、頑張ろうね



看護師さんがどこかに電話をしているのが見えました。

あれれ???まさか手術の準備じゃないよね

まだ頑張りたい、きっと頑張れる

けんたろう、一緒に頑張ろうね。


と思っていると、院長先生がやってきました。

吸引カップを一つ大きなサイズにして、再チャレンジです


頑張らなきゃ。

全身のパワーを集めていきみます


すると・・・

「頭が出たよ、もう生まれるから」 と院長先生。

そしてすぐに

おぎゃぁ~ 大きな、元気な声


よかった、本当によかった

けんちゃん、よく頑張ったね

本当に嬉しく、ほっとしてなみだがこぼれました。

ずっと横で励ましてくれた夫は、

「ありがとう、頑張ったね」といってくれました。



先生が子宮に手を入れて傷の確認。

(出産後は子宮まで手が入るんですね

赤ちゃんが通れたんだからと思うと、納得だけど、びっくりでした!!!

ちなみに、ちょっと胎動のような感触です・・・)

「大丈夫、傷は破れてないよ、もう心配要らないよ、おめでとう」



すぐに胸に乗せてもらい、カンガルーケアです
20080617235844.jpg




ナナによく似てる、かわいいはぁ、幸せ


こうして、なんとか無事にVBAC成功

1月23日 21:55 3616gの元気な男の子、けんたろうが誕生したのです。








テーマ:妊娠・出産 - ジャンル:結婚・家庭生活

23 : 36 : 15 | VBAC | trackback(0) | comment(0) | page top↑
<<幼稚園見学 | Top | VBAC体験記 その5>>
comment
commentの投稿














管理者にだけ表示を許可する

trackback
トラックバックURL
http://niconiconikoniko.blog95.fc2.com/tb.php/12-ad125da3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。