スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
VBAC体験記 その4
2008 / 06 / 04 ( Wed )
37週の検診では

手術の準備としていろいろな検査を受けました。


受けた検査は

 ☆心電図

 ☆血液検査(36週の検査とは別に手術用の検査だそうです)

 ☆胸部レントゲン


あれれ???なんだか帝王切開の方向へ???


緊急帝王切開になる可能性もあるしね、しかたないよね、と

納得していると・・・
先生の診察に呼ばれました。

腹部エコーを受け、赤ちゃんは推定3520g、とても元気でした。

そして、手術日などの確認をされ、

「はい、次は一週間後に来てくださいね」と。


あれ?内診は?と思い看護師さんに尋ねると

「帝王切開だから、内診はいいですよ」と笑顔で言われてびっくり!!!

(内診は苦手なので、嬉しいのは嬉しいんですけど・・・)



「あの~、今回は普通分娩希望なんですが・・・」

「では、一応診ましょうか」


一応・・・


診てもらうと、子宮口は2,3cm開いているけれど、

まだ固くてすぐには産まれそうもないとのことでした。



先生が「刺激しておくね」とぐりぐり。

痛かったけど、これで陣痛が来るかなっていう期待のほうが大きかったので

平気でした。


VBACだけではなく、病院にかかるとき全般に言えることかもしれないですが、

あれ?と思ったら質問すること、確認すること、

自分の希望をしっかり伝えることって大切ですね。



その後、前駆陣痛は相変わらず続いていましたが、

陣痛はやってこなくて・・・


38週を迎えました。

テーマ:妊娠・出産 - ジャンル:結婚・家庭生活

07 : 34 : 59 | VBAC | trackback(0) | comment(0) | page top↑
<<VBAC体験記 その5 | Top | VBAC体験記 その3>>
comment
commentの投稿














管理者にだけ表示を許可する

trackback
トラックバックURL
http://niconiconikoniko.blog95.fc2.com/tb.php/10-7cc702a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。